読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

累積2000時間になるまで英語の勉強を続けるブログ

英語の勉強の進捗をたんたんと報告します。勉強時間が累積2000時間になるまで続けます。

《私が英語の勉強を始めるキッカケとなった記事》
2000時間勉強すれば、英語をマスターできるというのは、本当だった!

《これまで私が読んだ【勉強法】についての本の内容まとめ》
全80記事!これまでの【勉強法】関連記事、view数ランキング。

《目標》

期限 目標 達成日
オリンピック開幕日の2020年7月24日(土)までに 英語でコミュニケーションが難なくとれる
映画や本を英語で楽しめる
2019年内に TOEICスコア900点台をとる
2018年内に TOEIC SWを受けてみる
2017年内に TOEICスコア700点台をとる 2016年10月750点達成!2017年3月820点取得!
2016年1月24日(日)に実施される英検試験日で 英検準2級をとる 2015年7月15日達成!
2015年内に TOEICスコア600点台をとる 2015年5月24日実施のTOEICで達成!
2015年5月24日(日)のTOEIC本番で TOEICスコア500点台をとる 結果655点
2015年4月12日、TOEIC公式問題集の練習テスト結果、平均482点
2010年頃のTOEICスコア515点。それから何もせず...2015年4月1日、英語の勉強をもう一度スタート。

《私が書いている他のブログ》
僭越ながら【1テーマの本を30冊読んで勉強するブログ】
子育ての本をたくさん読む!ブログ
インテリア・収納の本をたくさん読む!ブログ

毎日継続45日目。4時間24分(累積741時間44分)

昨日書いた「究極の模試」の解説にあった勉強法。

【新形式問題の完全模試200問(音声付)プレゼント】TOEIC(R)テスト 究極の模試600問 (TOEICテスト 究極シリーズ)

【新形式問題の完全模試200問(音声付)プレゼント】TOEIC(R)テスト 究極の模試600問 (TOEICテスト 究極シリーズ)

それを自分でまとめたものが↓です。
これをいつも眺めながら勉強しています。

今までいろんな人の勉強法を調べて参考にしてきたけれど、この勉強法がそれらをすべて網羅している気がする。
ヒロ前田さんが監修の参考書なんだけど、さすがTOEIC講師だなぁと思いました。


ちなみに、★が付いているものは、私が「朝勉中にはできない」もの。
朝勉は、家族が寝ている間にやるので、声を出さずに静か〜にひっそりやってる(^^;
なので、★は家事しながらか、夜にやっています。

  • 【1】全パート
    • 単語・フレーズの確認
      • 英文を見て、知らない語句を抜き出し、意味や用法を考える。
      • 語彙力が増強される。
      • 「書く」「話す」を混ぜながら取り組むこと。
    • ★音読
      • 英文を見ながら、しっかりと声に出して英文を読み上げる(知らない単語や意味が分からない文がない状態で取り組む)。
      • 英文を理解出来るスピードが上がる。
      • 英文を英語の語順のままノンストップで理解できるようになる。
      • 文単位で意味を理解できていなければ、注や訳を参照して内容をきちんと理解してから取り組むこと。
  • 【2】リスニング
    • ディクテーション
      • 音声を聞いて、内容を正確に書き取る。
      • 語句と発音が一致するようになる。
      • 英文の構造、語句、文法ルールに慣れることができる。
      • 英文量が少なくても長時間かかることが多いので、時間を割きすぎないよう自分のリスニング力を「少しだけ」超えたパートで取り組むこと。
    • ★脳内ビジュアライズ
      • 音声を聞き、またはスクリプトを読みながら、自分がその場面にいるつもりで状況やストーリーを思い浮かべる。
      • 聞いた内容や語句が記憶に残りやすくなる。
      • 日本語に訳さずに状況やストーリー展開をイメージすること。
    • ★リピーティング
      • 英文は見ずに音声を流し、文や語句を聞き終えた後、聞いた通りに声に出して言う(長い文章は意味のまとまりや1文ごとに区切って行う)。
      • 聞いた内容を短期的に記憶しておけるようになる。
      • 英文の形を体にしみ込ませる。
      • 最初から100パーセント正確にはできないので、できるまで繰り返すこと。
    • ★オーバーラッピング
      • 英文を見ながら音声を聞き、ナレーターの声と同時に音読をする(イントネーションや強弱リズムも同じになるように)。
      • 聞いて分かるスピードを上げる。
      • 音声が30秒ある場合は、自分も30秒で言えるようになるまで練習すること(正確に言えているか、自分の音声を録音して確認すること)。
    • ★シャドーイング
      • 英文を見ずに音声を聞き、1〜2秒遅れで影のように音声をまねて声に出す(慣れるまでは英文を見てもOK)。
      • 聞きながら理解する力を身につける。
      • 口に出しながら、内容を理解できている自覚を持つまで取り組むこと。
  • 【3】リーディング
    • 穴埋め補充
      • PART5と6の問題の空欄に入る語句を、選択肢を見ずに答える(すぐに答えが思い浮かばない場合は選択肢の(A)だけをヒントにして答える)。
      • 「感覚」で覚えていた文法事項や語句が「確実に知っているもの」になる。
      • 特に「勘」で答えて正解だった問題を念入りに復習すること。
    • 精読
      • PART7の文書を隅々まで読み、理解する。
      • 英語の文書の文構造に慣れる。
      • 英語の正しい文の形を身につける。
      • 語彙と文法の力が伸びる。
      • 知らない語句を無理せず、意味を確認しながら読むこと。
    • ★速音読
      • PART7の、精読した文書をできるだけ速く音読する(文書の目的や伝えたいメッセージなど、重要な情報を意識しながら読む)。
      • 英文を英語の語順で理解するスピードが上がる。
      • 内容を理解していることを自覚しながら読むこと。
    • 穴埋め問題の不正解の解説
      • PART5と6の問題の不正解が「不正解である理由」を解説する(他人に説明しているつもりで解説すること)。
      • 実際のテストに、形を変えた類似問題が出ても解けるようになる。
      • 特に語彙問題については、不正解の選択肢の使い方を、辞書などを使って例文までに確認すること。