累積2000時間になるまで英語の勉強を続けるブログ

英語の勉強の進捗をたんたんと報告します。勉強時間が累積2000時間になるまで続けます。

《私が英語の勉強を始めるキッカケとなった記事》
2000時間勉強すれば、英語をマスターできるというのは、本当だった!

《これまで私が読んだ【勉強法】についての本の内容まとめ》
全80記事!これまでの【勉強法】関連記事、view数ランキング。

《目標》

期限 目標 達成日
オリンピック開幕日の2020年7月24日(土)までに 英語でコミュニケーションが難なくとれる
映画や本を英語で楽しめる
2019年内に TOEICスコア900点台をとる
2018年内に TOEIC SWを受けてみる
2017年内に TOEICスコア700点台をとる 2016年10月750点達成!2017年3月820点取得!
2016年1月24日(日)に実施される英検試験日で 英検準2級をとる 2015年7月15日達成!
2015年内に TOEICスコア600点台をとる 2015年5月24日実施のTOEICで達成!
2015年5月24日(日)のTOEIC本番で TOEICスコア500点台をとる 結果655点
2015年4月12日、TOEIC公式問題集の練習テスト結果、平均482点
2010年頃のTOEICスコア515点。それから何もせず...2015年4月1日、英語の勉強をもう一度スタート。

《私が書いている他のブログ》
僭越ながら【1テーマの本を30冊読んで勉強するブログ】
子育ての本をたくさん読む!ブログ
インテリア・収納の本をたくさん読む!ブログ

毎日継続133日目。6分。

今日は勉強時間は取れなかったけれど、今後の計画を立てたり、明日から使うつもりのリピーティング音声を編集したりしました(これらは勉強時間に換算しない

雑誌にあったTOEIC勉強法を参考に、単語対策としては単語帳を3冊使うことにしました。本屋さんに見に行って何冊か手に取ってみたけれど辞めて、アプリで探すことにしました。

金のフレーズは書籍バージョンもアプリバージョンも持ってるんだけど、アプリバージョンがお気に入りの私。いつでもどこでもパッっと使えるアプリが好きです。ランダムに出題してくれたり、隙間時間にもぴったり。

だから、アプリバージョンも販売されている単語帳を中心に探してみることにしました。


以下、スタプラに投稿した内容のコピペ。

===
昨日手に入れた雑誌『AERA English no.54』より、ためになったTOEIC tipsをまとめる。

【Part1】
「正解か不正解かを判断できないような選択肢」は高確率で正解。選択肢を聞くごとに「これはマル」「これはバツ」と判断していき、「マルかバツか判断不能」な選択肢はひとまずキープ。最終的に「これは絶対的にマル」という選択肢がないのであれば、判断不能によりキープした選択肢が正解となる。

【Part2】
「王道の応答パターン」が存在する。このパターンを覚え、リスニング力を鍛えるのがPart2の攻略法。具体的なトレーニング法:①スクリプトを見ずに音声を聞く→②一時停止して復唱する。

緊張と弛緩のリズムを作ることにより、集中力の持続が可能となる。緊張と弛緩のリズムの作り方:①一つの問題を解き終えたら、手足の力を抜いて、目と口元は半開きに→②次の問題文が流れはじまたら、ピッと姿勢をただして音声に集中。

【Part3・4】
パターンが存在し、そこで使われている語句も同じものが繰り返し登場する。そうしたパターンと語句を丸々暗記し、脳内ストックをたくさん持っておけば、本番テストがラクになる。また、単語や文法を理解した上で、何も見ずに誦んずるところまでできるようになると、まとまった量の英語を聞ける力がつく。

【Part5】
苦手な人は中学生向けの文法書を1冊やるといい。問題のタイプによって「空欄の前後だけ」や「最初から読む」など解き方を変えるよりも、全て最初から読み、空欄にきたら選択肢を見て解答するというシンプルな方法の方が解きやすい。

【Part7】
中級者止まりの人は精読をサボっており、読めたと勘違いしたまま進めている可能性が高い。「丁寧に文法事項を確かめ、わからない単語を辞書で引きながら読み、復習する」という精読が必須である。

長文を読み通すことから逃げてはいけない。設問に応じて少しずつ読んでいく方法は、リスクが低く初級者には良いが、それではいつまでたっても読解力は鍛えられない。理想形は、文書を全て頭の中に入れた上で記憶と設問を照合し解答することであり、これがPart7を「速く解く」ためにはベストである。ただし、この解答法を実行できるようになるまでに2年はかかる。しかし「いつ始めるか」である。長文を読む練習をすれば、頭の中に保持できる情報量は次第に増えていく。

リーディングセクションは1時間以上英文を読むのだから、普段からそのぐらいの量を読む練習をすべき。ネットでも何でもいいので好きなものをたくさん読むこと。興味ないものを嫌々読むのは挫折するだけ。量が勝負である。TOEICの問題を解いているだけでは、読解力は伸びない。量をこなすと英文構造や英語の「息遣い」というものがわかってくる。

Part7は、Part1〜6を解いた後の疲れた状態で解かなくてはならない。その状態で確実に正解を導きながら読み進めるためには、「読む体力」が必要となる。「読む体力」をつけるトレーニング法:模試形式のPart7問題を55分で解く練習を繰り返し行う。


===
先ほどのTOEIC tipsを参考に、今後の対策を考えた。

【Part2対策】公式問題集L&R1
スクリプトを見ずに音声を聞いた後、一時停止して復唱する(リピーティング)

【Part3,4対策】公式問題集L&R1
暗唱できるようにする

【Part5対策】一億人の英文法
読む

【Part7対策】公式問題集L&R1…etc
精読して繰り返し読む
模試形式のPart7問題を55分で解く

【単語対策】金のフレーズ、あと2冊
TOEIC対策の単語帳を3冊、順に見て知らない単語をチェックすることを繰り返す

単語対策のための単語帳を2冊、今日本屋さんで探してこようと思います☺️💕