累積2000時間になるまで英語の勉強を続けるブログ

英語の勉強の進捗をたんたんと報告します。勉強時間が累積2000時間になるまで続けます。

《私が英語の勉強を始めるキッカケとなった記事》
2000時間勉強すれば、英語をマスターできるというのは、本当だった!

《これまで私が読んだ【勉強法】についての本の内容まとめ》
全80記事!これまでの【勉強法】関連記事、view数ランキング。

《目標》

期限 目標 達成日
オリンピック開幕日の2020年7月24日(土)までに 英語でコミュニケーションが難なくとれる
映画や本を英語で楽しめる
2019年内に TOEICスコア900点台をとる
2018年内に TOEIC SWを受けてみる
2017年内に TOEICスコア700点台をとる 2016年10月750点達成!2017年3月820点取得!
2016年1月24日(日)に実施される英検試験日で 英検準2級をとる 2015年7月15日達成!
2015年内に TOEICスコア600点台をとる 2015年5月24日実施のTOEICで達成!
2015年5月24日(日)のTOEIC本番で TOEICスコア500点台をとる 結果655点
2015年4月12日、TOEIC公式問題集の練習テスト結果、平均482点
2010年頃のTOEICスコア515点。それから何もせず...2015年4月1日、英語の勉強をもう一度スタート。

《私が書いている他のブログ》
僭越ながら【1テーマの本を30冊読んで勉強するブログ】
子育ての本をたくさん読む!ブログ
インテリア・収納の本をたくさん読む!ブログ

毎日継続27日目。15分(累積1342時間48分)

昨日の続きです。(だらだらと長文です)

 

 

mysuki.jp

よく、同時通訳者やバイリンガルの人は「英語をしゃべっている時には日本語がまったく出てこない」と言いますが、それは英語を意識的にせよ、無意識的にせよ描写的にとらえているからです。英語をマスターしている人は、英語を聞いている時、日本語はまったく出てきません。
例えば「car」と聞いたら「車」、または「car」というつづりの文字情報は出てきません。そうではなく、車そのものの「イメージ」が頭に浮かぶのです。

 最近私も英語を聞いてる時や読んでいるときに全く日本語が出てこなくなったので、突然「○○(英語)って日本語で何?」と聞かれると、パッと日本語で答えられない。それが何かわかってるのに..。日本語ではなくイメージで出てくる。

だから、英単語を勉強するときもいちいち日本語に訳す意味あるのかなぁ?と疑問に思っていた。

 

日本語で「疲れた」をイメージするともっとわかりやすいでしょう。
「疲れで頭が痛い」「肩コリによる疲れ」
「仕事で疲れている」
「ソファーにうたた寝している」
これでわかりましたよね?
要するに、同じ単語でもイメージは人によって異なるということです。そして、これは英語でも同じです。
英単語を文字化すると「car= 車」「tired=疲れた」というように答えが1 つしかありませんが、映像やイメージはたくさん存在します。
これが私の言う「英語を英語でとらえる感覚」です。この自由にイメージする感覚が、英単語をマスターする上でとても重要です。

私も前に紹介したことがあるけれど、単語を画像検索してイメージで覚えるということをやってる。この勉強法でたくさんの英単語を覚えていくのが理想だなぁ。

 

この引用元サイトが推奨する単語勉強法は...

(1)例文を書く
英語の参考書、問題集などから例文を抜き出し、ノートの左側に書く。

(2)具体的なイメージを描く
例文の和訳を文字として覚えるのではなく、脳に具体的なイメージを描く。

(3)3単語を抜き出す
例文から単語を3 語を抜き出して、ノートの右側に書く。

(4)翌日に3単語からフラッシュバックさせる
翌日、ノートの右側に書いた3 語だけを見て、文章全体をフラッシュバックさせる。

(5)自分の過去の体験などに照らして文章をイメージする
さらに、自分の過去の体験などに照らしてイメージします。特に、喜怒哀楽の感情や笑い、ツッコミを入れて脳に刺激を送ります。

再度、前日に書いたノートの右側の3 語を見返してみて、文章全体をフラッシュバックできるかどうかをやってみましょう。

その単語だけを見て、文章全体をフラッシュバックできればOK です。もし、フラッシュバックさせることができなければ、ノートの左側を見て文章全体を確認し、翌日や1週間後、1カ月後に再度挑戦してみてください。

 「単語」で覚えるのではなく、「フレーズ」で覚えるというのは、これまでの勉強法と同じだな。違うのは、「和訳」で覚えるのではなくて「イメージ」で覚えるということ。単語だけではなくて、フレーズだからこそ、イメージが生まれる。

ノートの左側にフレーズ、そしてそのフレーズに使われている単語を右側に書く。このノートを見ながらイメージを何度も再生する...良さそう。

 

そして...

覚え方コツ1|覚えた単語はその日のうちに思い出すこと

覚え方コツ2|英単語を繰り返すタイミングを考える

まずは1日以内に繰り返すこと。そして、翌日、数日後、1週間後、1か月後など忘れそうな頃に繰り返して長期記憶化することです。

覚え方コツ3|自分の経験・感情を伴う記憶に置き換える

覚え方コツ4|語源、背景的な意味、身近な例を考えてみる

これまでずっと金フレをやってきて、何度も「100%覚えた!」に到達したのに、数ヶ月放っておいて、また振り出しに戻る...を繰り返してきた...。敗因は、長期記憶化できていないからなんだな〜。 

1日以内、翌日、1週間後、1ヶ月後...ちゃんと計画的に繰り返すようにしよう。

そして、「自分の経験や感情に伴う記憶に置き換える」や「身近な例を考える」も良さそう。覚えた単語やフレーズを使って英語日記をつけるのがいいかも。

 

次に読んだのがこちら↓。

gotcha.alc.co.jp

(1) 単語用のノートを準備する

(2) 知らない単語をピックアップして書いていく

(3) 暗記&テストを3回繰り返す

(4) 覚えられなかった単語は再びまとめる

 

ノート作りが大好きな私なので、この勉強法はとっても魅力的に感じました。やりたい!

画像をお借りしました↓

f:id:sclo-a:20170703110155j:plain

f:id:sclo-a:20170703110205j:plain

このようにまとめたり、テストしていくんですね。これ真似したいな〜。

単語だけじゃなくて、フレーズをこの方法でノートにまとめようかな。

 

 暗記に最も効果的なのは「夜寝る前に暗記して、朝起きてからテストする」というサイクルです。暗記をサボると覚えるべき単語だけがどんどん山積みになってしまいますので、毎日継続しておこないましょう!

 これも真似したいポイント。

「夜寝る前に暗記して、朝起きてからテストする..を毎日継続」

 

単語ノートをつくっていると「何度も同じ単語で間違えているな~」とか「このジャンルの単語はよく出てくるんだな~」といったことに気づくと思います。自分の苦手分野を把握できたり、TOEICの試験傾向がわかってきたりするのも単語ノートをつくるメリットです。

単語帳を手作りするってよく聞くけれど、メリットがあるのが疑問だったけれど、

自分の苦手分野の把握に便利そう!

 

 

あとは前に読んだ、金フレ著者のTEX加藤さんの英単語勉強法。以前、ブログに書きました↓

sclo-d.hatenablog.com

金フレ著者の「必ず力がつくボキャビル法」という記事を読み、勉強モチベが上がった。(語彙力強化が今の私のテーマ)

著者のTEX加藤さんはテスト前の2ヶ月間、公式問題集を中心に1万問の問題を解いたそうである。問題集に出てきた単語はこまめに調べ、ひたすら繰り返す。

さらにTOEIC対策の単語帳を3冊購入し、3冊を順に見て知らない単語をチェック。「ああ、そういう意味なんだ」と軽く1冊目を終えて2冊目に進むと、同じ単語がまた出てくる。3冊目を開くとまた同じ単語が出てくる。 単語はかなり重複しており、3回でてくると、さすがに覚える。

そうやって、問題集と3冊の単語集を繰り返すうちに、語彙は自然に覚えられる。「TOEICは語彙の範囲が限られているので、そこを徹底的にやればいい」…。

 これを読んでから、私も金フレ以外の単語帳もやろうとしたんだけど、挫折...。

でも、TOEIC900点を越えるためには、金フレ1冊じゃ無理だとは思う。3冊の単語集、もう一度チャレンジしよう。

 

次にこちらを読みました。

eigo-koryaku.com

TOEICで高得点を取ろうと勉強し始めた頃、評判の高かったTOEFLテスト英単語3800という単語帳を使って必死に勉強していました。毎日1時間は単語に費やし、数ヶ月でかなり難しいRank3の単語もほぼ覚えられるようになりました。

しかし、TOEICの点数は全然上がりませんでした。

当たり前のことですが、TOEICに出ない単語を必死に覚えても点は上がりません。スコアを上げたいのであれば、TOEICに出る単語を覚えなければいけません。

TOEICに出ない単語を必死に覚えても点は上がらない...グサッと刺さりました。TOEICの点数を上げるだけではなくて、もちろん英会話力もつけたいけれど、二兎追うものは一兎も得ずだしなぁ...。今年は英会話にも取り組んでいこうと思っているけれど、TOEICの点数が上がらないとモチベーション下がりそう...。

とりあえず、TOEICに評判の良い単語帳を使うことでカバーしていこう。TEX加藤さんの勉強法である単語帳3冊使うというのを真似したいので、黄金の3冊を選び抜こう。

 

 

 

次にこちら↓を読みました。

eigo-koryaku.com

 

TOEICの900以上のスコアを取られている方で、英単語を覚える作業が勉強時間の半分と言っている方もいます。半分とまでは言いませんが、英単語を覚える作業には時間をかけてください。英単語をたくさん覚えるのがTOEICで高得点を取る一番の近道です。

やっぱりそうなのか!今まで、その意識がなかった。英単語の勉強にそこまで時間をかけようとしていなかった。

 

買った単語帳を使って、毎日単語をチェックします。

毎日というのが大事です。忘却曲線については知っている人が多いと思うのでここでは説明しませんが、筋トレと同じで毎日単語チェックしないとどんどん忘れてしまいます。

 英単語の勉強は筋トレと同じ!

 

どうしても覚えられない単語を自分の持っている単語帳に写します。

ランダムに順番を変えれるような単語カードに書いていきます。厚紙で出来た単語カードに書くという方法もありますが、紙代もバカになりません。今は良いスマホアプリが出ているのでそちらで勉強したほうが良いです。

 どうしても覚えられない単語のみ、単語帳に写す。この方はスマホアプリを利用しているんですね。

 

週に1回テストを行う
奥様や友達に頼んで単語テストを作ってもらいます。総仕上げの段階です。

EXCELで簡単に枠を作り、左に覚えたい英単語を書いてもらいます。50単語分書いてもらい、5分で回答します。1問6秒です。やってみるとわかりますが、単語を認識してから日本語を書く時間を含めて6秒なのでめちゃくちゃ厳しいです。

英単語を認識するスピードは守る必要があるので、辛いですが、1単語6秒を守って回答してください。6秒で回答出来ないのであれば、英単語がちゃんと頭に入っていないということです。毎日単語帳を使って英単語を確認する際も、もっと集中してください。

週に1回程度テストがあると思うと、毎日の勉強に緊張感を持てるので良いです。

画像をお借りしました↓

f:id:sclo-a:20161205224501j:plain

このテストを家族に作ってもらう...良さそう!真似しよう!

 

 

次にこちらを読みました。

gotcha.alc.co.jp

単語を1語ずつ切り離すのではなく、短いフレーズ(単語に肉付けする)で覚えること。辞書も必ず活用し、1つの単語に対して最低6パターン以上の異なるカタチ(例:study English、study here、study for the testなど)に触れることが重要。

1つの単語に対して最低6パターン以上の異なる形〜?!そこまで調べて覚えようとしたことはこれまでなかった〜

 

単語だけでなく、単語を含んだフレーズや文を読むことで覚えると、その単語がどのように出てくるかがわかるのでよい。同義語・関連語・イディオムなどを一緒に覚えるとよい。

 やっぱり単語はフレーズで覚える方がいいんだね。同義語・関連語・イディオムも一緒に覚える...。

 

単語を覚えるコツは、
1. 繰り返す:何度も読む・聞く・書く・話す
2. 発展させる:辞書を使って単語の中心的な意味の知識と多義的な知識を豊かにする
3. イメージ化する:画像をインターネットで調べる、頭の中でイメージを作る。

辞書を使って、多義的な知識を豊かに....。

 

 

 長くなってしまったので続きは明日〜